nomのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017J2第15節 対金沢戦 0-5 〇

<<   作成日時 : 2017/05/21 16:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

湘南との上位対決を制して、中3日で迎えたアウェイ金沢戦。
DAZNでリアルタイム観戦しました。

選手の疲労を考えて、そして選手層も厚くなってきたのでターンオーバーしてくるという予想もありましたが、変えたのは前目の選手だけでしたね。前節とは、坂田に替えて石津、ジウシーニョに替えてポッピが違うだけでした。
この2名がまた動きが良かった、というか金沢が悪すぎたようにも思いますが、試合は終始福岡ペースでした。
1点目は駒野のCKからウェリントンのヘッド。
そのわずか6分後には、ウェリのアシストから石津で0−2。
さらに、またもや駒野のCKからウェリントンで0−3。
前半で勝負あった、という感じになりました。

ディフェンスもそれほど危ないシーンはなかったです。

後半は随分余裕が出てきたのか、面白いようにパスが回りました。
そして、ポッピ→ジウシーニョ、石津→松田と交代して、松田が2ゴール。
終わってみれば0−5の大勝でした。

同時刻のゲームで首位の横浜FCが敗れたため、これで首位に浮上しましたが、前節対戦した湘南も勝利して勝ち点では並んでいます。

今の時点での首位に過剰に喜ぶわけにはいきませんが、しっかりと複数得点、無失点でアウェイ2連戦を終えられたことは素直に評価したいと思います。
ウェリントン、ポッピ、ジウシーニョのブラジル人3名に加え、石津、坂田が好調を保っていることや、岩下の復帰によって最終ラインが安定してきたこと。最終ラインが安定していることで、ボランチの三門、山瀬が余裕を持って攻撃に加われたこと。駒野とウェリントンのホットライン熟成、松田の復活と好循環になってきているのが心強い。

まだまだ、流れの中からの得点は多くはありませんし、ウェリントン不在の時の戦い方も考える必要はありますが、好調の今こそ勝ち点を積み重ね勝者のメンタリティを身に着ける好機でもあります。

さて、次はようやくホームですね。
目の前で躍動するアビスパを見られることを楽しみにしています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017J2第15節 対金沢戦 0-5 〇 nomのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる