nomのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017J2第19節 対名古屋戦 〇3-1

<<   作成日時 : 2017/06/18 16:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前節、劣悪な環境下で何とか首位をキープしたアビスパ。
実力もあり、昨年は屈辱的な敗戦を喫した名古屋を迎えた一戦は、ウェリントンを累積警告による出場停止で欠く中、前半の大一番と言っていい重要な試合でした。
 名古屋は4位ですが、勝ち点差は3。前線にシモビッチという絶対的なFWを擁し、ハマった時は抜群の攻撃力を見せます。
 ただし、高く保ったDFラインは、風間イズム浸透の最中といったところか、裏を狙われると意外な脆さを見せるとも聞いていました。けが人も多いようですが、私としては楢崎、玉田の不在はありがたかった。
 さて、注目されたウェリ不在の布陣は、ウェリの位置にポッピが入り、井原監督は古巣対戦となる松田を先発で使ってきました。
 高さはウェリほどないということもあってか、ハイボールでワントップに当てるのではなく、グラウンダーでのクサビが多いようにも感じました。
 しかし、名古屋もシモビッチに徐々にボールが入りだします。
 
 11分に名古屋に初シュートを受けるまではほぼアビスパペース。
 しかし、カウンターから左サイドに抜け出されて、最後はゴール前のシモビッチが冷静に反転してゴール。
 名古屋に先制を許してしまいます。

 その後はアビスパがDFラインの裏を狙いますが、名古屋のゴールが割れません。
 ウェリ不在でハイボールが少なかったこともあるでしょう。混戦のこぼれ球がどちらに出るかで、チャンスが両チームの間を行ったり来たりといったゲームになりました。この試合の主審は家本氏。両チームボール際の争いが激しくて、裁くのが難しいゲームだったかもしれません。
 私としては、片側サイドで詰まって一度下げた時に、岩下や實藤からDF裏のサイドのスペースに直接ロングボールを入れて、亀川、駒野を使うのが効果的なのではと見ていて思いました。

 守備は35分に決定的なミスから相手にシュートチャンスを与えてしまいましたが、ここはキーパー兼田のポジショニングもよくて相手がタイミングを逸しました。通れば決定的というピンチもありましたが、岩下が間一髪で防ぎます。その岩下はこの試合後半イエローカードを貰い次節は出場停止となりました。

 前半失点はしましたが、攻撃でも惜しいシーンがいくつもあり、あとは精度だけの問題と思えました。前半終了時にブーイングがほとんどなく、コールが止まなかったのは後半逆転できるという期待を表したものだったと思います。

 そして、後半。アビスパは落ち着いて戦えていたと思います。アビスパペースで試合が進む中、後半14分、名古屋の押谷選手のチャージが危険なプレイと判断されて、何と一発レッド。ゴール裏からはよくわかりませんでしたが、足の裏を見せてということだったようです。正直イエローかなと思いましが、主審の判断はレッドカードでした。
 これで傾きかけていた流れは完全にアビスパのものになりました。
 こぼれ球も拾えるようになり、波状攻撃が出てきます。スタジアムの雰囲気がだんだん盛り上がる中、ジウシーニョとポッピに替えて坂田と石津が入ります。
 逆に名古屋はボールが収まらなくなったシモビッチに替えて永井が入りました。
 アビスパオーレの声援が響く中後半26分。CKから石津がヘディングでゴール!これで同点。
 その後も、ほぼ一方的にアビスパが攻め続けます。
 後半34分、三門に替えて城後を投入。城後については、最近出番がめっきり減ってしまっていますが、今日はやってくれました。後半38分完全に名古屋のディフェンスのギャップでボールを呼び込み、反転してシュート。
 いつもは手拍子だけのバックスタンドからも大きな城後コール。。。
 そう。そうだよ城後。これを決めるのが城後なんだよ。。。(不覚ながら涙が。。。歳かな)

 これで終わりではありません。相手が一人少ないこともあったでしょうが、攻撃の手を緩めず、後半アディショナルタイムに石津がスーパーミドル一閃。もともと得意なコースですが、好調を証明するプレーでした。

 最終的なスコアは3−1。
 相手が退場にならなくても逆転できたと個人的には思いますが、あの判定の影響が大きかったのは否定できませんね。
 微妙な判定が優利に働くことなどほとんど記憶にありませんが、名古屋としては不満足なものだったでしょうね。

 さて、湘南も勝利したため勝ち点は並んだままですが、得失点差でアビスパが首位をキープ。
 3位とは勝ち点差5と少し間が空きましたが、まだまだ予断はできません。
 次節はウェリントンが帰ってきますが、岩下がお休み。
 アウェイであり、愛媛はなかなか難敵ですがきっと勝利を挙げて帰ってきてくれることを信じます。

 その前に、6月21日(水)は天皇杯ですよ。平日のナイトゲームですが、ノー残業デーを設定している企業もあるでしょうから、是非職場の方とレベスタへ。
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017J2第19節 対名古屋戦 〇3-1 nomのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる