nomのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017J2第山形戦 2-0 〇

<<   作成日時 : 2017/07/30 19:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前節ホームで3位徳島に敗れ、勝点差を詰められての山形戦。
山形は前節は湘南相手に完勝しており、厳しいゲームになると予想していました。

アビスパのフォーメーションは4バック。
岩下と冨安をCBにSBは駒野と亀川。
ボランチには三門と新加入のウォン・ドゥジェが入ります。
山瀬が一列前に上がり、FWはウェリントン、松田、ジウシーニョ。
井原さん、動いてきました。

ドゥジェは、最初こそ動きが硬かったものの徐々に力を発揮。中盤でのボールカットとカバーリング能力が高いという印象を受けました。DF裏へのパス出しも試みていましたね。

前節湘南相手に3点を奪った山形の攻撃陣を警戒していましたが、前半は上手く守れていたと思います。
危険なシーンはあまりなく、亀川が積極的に上がってシュートするなどほぼアビスパペースでした。

後半、前半のうちに負傷していた松田に替えて石津を投入。
すると、さらにアビスパの攻撃に拍車がかかります。

47分。山形自陣でウェリントンがボール奪取。三門に預けると、三門はゴールライン際までえぐってセンタリングを上げます。これをジウシーニョが折り返して。。。。ウェリントンがボレーシュート!
見事なゴールでアビスパが先制します。

追いつきたい山形が攻勢を強めますが、今度はカウンターから石津が相手DFとの駆け引きから上手くシュートコースを探して左足でシュート。キーパーの股を抜いてゴール、貴重な追加点を挙げました。

68分にはジウシーニョに替えて、これも新加入の仲川を投入。
まだ連携などはこれからでしょうが、とにかく速い!身長は高くないのですがスピードはずば抜けていますね。
もっと長い時間見たい選手ですが、運動量が落ちる後半に投入されると相手は嫌でしょうね。

最近、途中投入の石津が大活躍していますが、後にジョーカーともいえる選手が控えていることで前半からFWが運動量を上げられるのが好影響を与えているかもしれません。

山形の猛攻もありましたがGK兼田、DF岩下を中心に守って無失点。しっかり試合を終えることができました。

湘南も勝利したため、順位は2位のままですが、勝点差はわずか1。
マッチレースは続きます。
次節対戦の町田も難敵ですが、ドゥジェ、仲川がある程度計算できそうなのできっちり勝点3を取ってもらいたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017J2第山形戦 2-0 〇 nomのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる