nomのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017J2第32節 対愛媛戦 0-1 ●

<<   作成日時 : 2017/09/10 09:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 現地観戦しました。

 先発メンバーは前節と同様。

 絶対に負けられない試合で、何度も決定機を外し続けての敗戦。

 選手の奮闘は疑っていませんが、一体何が悪いのか。

 今回はブログ更新を止めようかと思いましたが、一夜たって思い直しました。

 今シーズンの最後にこのブログを読み返して、「あそこが底だった」と振り返ることができるよう、記録します。

 試合の入りは悪くなかったと思います。というより、試合を通して攻撃は悪くはなかったです。ウェリントンと仲川の相性は抜群で、ウェリのポストに加えて仲川のアジリティがアクセントになって愛媛ゴールを脅かし続けました。求められるのはセンタリングとフィニッシュの精度。
 誰にも合わないセンタリングや、何度もあった決定機をことごとく外し続けたシュート。
 愛媛のDFのゴール前で体を投げ出しての守備も天晴ですが、本当に些細なことでゴールが決まらなかった。
 どれか一つでも決まっていれば、流れから見て逆転できた可能性が高かったのではないかと思いました。

 失点は油断から。
 カウンターですが、ゴール正面にDFは揃っていました。するっと中央に入ってきた愛媛FWが杉山の位置を見てヘディングでループ。難しい力加減だったと思いますが、これが見事に決まりました。
 このシーン。杉山は足元へのパスを想定してDF裏のスペースに飛び出せるよう、少し前目に位置取りしていたのではないかと思います。それに反してクロスは浮き球。戻りながらとはいえ、DFは相手FWに体を当てることができていれば失点は防げた筈。この失点以外は決定機は1度だけだったこともあり、悔やまれる対応でした。

 さて、湘南ははるか先に行ってしまいました。
 一方で名古屋も何故かお付き合いして足止め。
 なんとか2位の座を守っています。

 先に触れた通り、ウェリ一本から仲川とのコンビ、ドリブルでキープするという選択肢も増えました。ドゥジェも定着し、選手層も厚くなっています。
 勝てないことで一番プレッシャーやストレスを感じているのは選手であり、監督だと思いますから、サポーターは切れることなく後押しをして行きましょう。

 私は行けませんが熊本に行かれる皆さん、よろしくお願いします。

 ・・・一夜たつとこんなにも気分が変わるんですね。睡眠ってすごい(^^;。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017J2第32節 対愛媛戦 0-1 ● nomのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる