nomのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017J2第41節 対松本戦 1-1 △

<<   作成日時 : 2017/11/12 09:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 前節は首位、今期のJ2優勝を決めていた湘南相手に快勝して自動昇格への望みをつないだアビスパ。
 ホーム最終戦となる第42節は反町さん率いる難敵松本を迎えての大一番でした。

 このゲームも岩下は欠場。CBは堤と冨安が務めます。
 前節怪我による交代があった仲川はスタメン。ウェリントン、松田と3トップを組みました。

 試合はアビスパがコートチェンジ。おそらく太陽によるまぶしさを考慮しての判断だったと思います。

 開始直後はなかなかペースがつかめませんでしたが、試合の流れはアビスパに傾きます。

 そして42分、亀川からの折り返しを山瀬がシュート!
 グラウンダーのボールはキーパーの前で跳ね、右手をかすめてゴールに吸い込まれました。

 いいムードで前半を折り返します。

 後半も一時松本にペースを奪われますが、落ち着いて守れていました。

 スタンドでは名古屋がリードされているという情報も入り、逆転昇格の希望を持ち始めた84分。松本パウリーニョに決められて追いつかれます。

 その後諦めることなく松本ゴールに迫りますが、無情にも試合終了。ホーム最終戦を勝利で飾ることはできませんでした。

 名古屋が負け、長崎が勝ったことで長崎の2位自動昇格が確定しました。最終節アビスパは勝てば3位が決まります。引き分け、負けの場合は名古屋の結果次第では4位になります。

 一時は自動昇格間違いなしと思われた今シーズンですが、今日の試合に代表されるように、よい試合をしながら追加点を奪えず勝点を失った試合が多かったように思います。

 逆にいうと、これだけ終盤失速しながらも3位に踏みとどまれているのは幸運とも言えます。残りはプレーオフ含めて3戦。
 6戦勝利なしやウェリントン不在の嫌な時期から比べると、復調はしてきています。
 ただ複数得点がなかなか取れない(湘南戦では取れましたが)。
 正直、どこが相手であっても負ける気はしませんが、必ず勝てるとも限らない。そう考えると引き分けでも勝ち進める3位は絶対に死守したいところです。引き分け狙いということではありませんが、結果引き分けでもOKというのは相当なアドバンテージです。

 そのプレーオフ第1戦の会場が熊本のホームスタジアム、えがおスタであることが発表されました。
 ラグビーワールドカップのための改修工事でレベスタが使用できないためです。

 博多の森陸上競技場や北九州ミクスタ、お隣ベアスタも工事や試合のため使用できないということで、やむを得ない決断だと思います。
 もともとこうなることは分かっていましたので、何とか自動昇格をと思っていましたが、あと1点が取れず自分たち(サポーターも含め)で作り出してしまった状況ですから泣き言は言えません。

 熊本のみなさんにはご迷惑をかけることになりますが、強い気持ちを持って戦い抜きJ1昇格の最後の椅子を勝ち取りたいと思います。

 最後に、Vファーレン長崎の監督、選手、サポーターの皆さん、J1昇格おめでどうございます。同じように経営危機からの救いの手、V字回復でした。
 もともと粘り強いサッカーに決定力と勝負強さが加わり、終盤はものすごい勢いで一昨年3位からプレーオフを勝ち上がって昇格した年のアビスパを見ているようでした。
 その第1戦でアビスパに敗れた後、私たちに送ってくれたエールは今でも忘れていません。まだプレーオフでの昇格の可能性が残っている私達でもこんなに悔しいのですから、当時の長崎サポがどのような気持ちだったか想像に難くありません。
 来季は鳥栖−長崎の西九州ダービーが実現します。
 そこに我々も加わって初のJ1バトルオブ九州が実現できるよう、今度はアビスパが意地を見せないといけませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017J2第41節 対松本戦 1-1 △ nomのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる