2018J2第3節 対金沢戦 0-1 〇

 今年最初のアウェーゲーム、金沢戦。
 DAZNで追っかけ観戦しました。
 このゲームは3バック。岩下を真ん中に、左に堤、右に實藤が入りました。
 前半はボールの保持率は高かったんですが、なかなかシュートまで持ち込めません。
 決定的なシーンはなく、前半終了間際にはウォン・ドゥジェが唇を切るアクシデント。後半開始から森本が交代で入り、ドゥジェのポジションに石津が下がりました。
 石津は深い位置でも落ち着いてボールをキープして何とか役割を果たしていたと思います。
 先制点は、鈴木惇。
 「何かが起こるかもしれないと打った」というミドルがキーパーの手をはじいてゴールラインを割りました。

 その後、松田に替えてトゥーリオを入れ2点目を狙いますが、なかなかチャンスにはつながらず無得点。
 金沢の攻撃も3バックが冷静に守って完封勝利です。

 次節はホームで甲府戦。
 ドゥドゥは契約により出場がかなわないため、その位置に森本が入るのかなと想像しています。
 
 ホームでの勝利が見られることを期待して一週間を過ごしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック