2018J2 第4節 対甲府戦 0-2 ●

 今年初めて快晴の中迎えたホームゲーム。
 実に厳しい結果となりました。

 まずは開始15分で中盤の主力ウォンドゥジェが負傷で退場。担架で運ばれ、怪我の程度が心配されます。

 早くも交代カードを切ることになった井原監督は、ドゥジェの位置に山瀬を入れます。
 山瀬の動き自体が悪かったとは思いませんが、今日のアビスパはミスが目立ちました。甲府との中盤の競り合いで負け、DFの裏に何度も運ばれます。前半だけですでに2回決定機を作られ、最後の最後で杉山とDFが体を張って守るというシーンがありました。

 攻撃では縦パスを狙われインターセプトされることもしばしば。
 前半から何度かよい位置で得たFKも合わせることができません。今期のアビスパは高さがなく、精度の高いFKを持ってしてもゴールをこじ開けるのは簡単ではありません。

 後半には堤に替えてトゥーリオを投入。3バックから4バックに変更しますが、機能したとはとても言えません。
 ポストはできても、周囲との連携がなく、ヘディングでのシュートがひとつあったぐらいでしょうか。

 まだまだ開幕したばかりで悲観する段階ではないと言い聞かせてみても、なかなか厳しい状態であると言わざるを得ません。
 すぐにアウェイ東京V戦がやってきます。

 試合後、屋内練習場でミーティングを行っているのが見えましたが、今日のゲームで出た問題をどのように修正していくのか、時間がかかればJ1は遠のいていきます。
 正念場です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック