2018J2 第8節 対 横浜FC戦 △2-2

 アウェイ横浜FC戦。DAZNで観戦しました。
 後半残り5分ほどで追いつかれてのドローということで、もったいない試合でした。イバというよりレアンドロにやられた感が強いですね。
 1失点目はクリアがレアンドロに渡って、これをワントラップしたシュートが綺麗にゴール右隅に決まりました。あのコースはGKは取れません。
 2失点目は不運なオウンゴール。

 決定機の数でいえば横浜FCの方が多かったでしょうが、福岡も攻撃はある程度は形になってきました。
 
 あとはやはり守備ですね。
 
 この試合は4バックのCBとして實藤と篠原が起用されてた訳ですが、別に彼らが悪いというわけではないように思います。
 その前でバランスを取って相手の2列目をつぶすアンカー、つまりドゥジェの不在が大きいように思えてなりません。
 ただ、攻撃では鈴木と山瀬が組み立てに寄与しているのも確かであり、3バックも含めて何が最適解なのか、まだまだ試行錯誤といった感じでしょうか。

 この勝点1を価値のあるものにできるかは今後に掛かってきます。気づけば首位とは勝点で7も開いてしまいました。
 まだ序盤とはいえあまり離されるとそれだけ後半がきつくなります。

 次節は攻撃力に定評のある山口をホームに迎えます。
 守備力はそれほど高くないとはいえ、シンプルに力強くゴールを目指してくるサッカーは脅威です。アビスパが苦手なタイプとも言えます。先制されれば当然ですが、先制したとしても気が抜けない、苦しい試合になることが予想されます。

 ここをホームで勝ち切ることができるか。

 どんな形でもよいので、しっかり勝点3を確保することが求められます。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック