2018J2 第10節 対千葉戦 3-1 〇

 前節山口に快勝して、ホーム連勝がかかる第10節。
 四月とはいえ夏日の13時キックオフということで、暑い暑い一日でした。

 千葉との対戦成績は負け越していますし、古くはJ1参入戦の頃から苦汁を飲まされてきた印象が強いです。以前ほどの苦手意識はないですが、ライバルというに相応しい好敵手ですね。

 この試合は、アビスパは輪湖-篠原-岩下-實藤の4バックで臨みました。試合開始まで4バックなのか3バックなのか分かりませんでした。試合展開によってはどちらでも行けるというスタメンだったのだと思います。

 ボランチは枝村ではなく山瀬が鈴木と組み、松田とインスがウィング。ツートップが森本とドゥドゥです。
  試合はいきなり動きます。
 開始2分縦パスで千葉DFの裏を突き、これが松田に通ると、相手DFが松田を倒してしまいPK。
 かと思ったら、どうもハンドの判定だったようですね。
 PKを蹴るのは森本、落ち着いてゴール左に決めました。

 しかし、千葉も直後に反撃。グランダーのセンタリングがゴール前に転がると、船山に決められてしまいます。

 得点直後に失点する傾向が強いように思うのですが、気のせいですかね?
 このままではどんな試合になってしまうのか、と不安になりかけましたが、アビスパは落ち着きを取り戻します。

 テンポのよいショートパスから中央を突破してシュートを打つという場面もあり、だんだんと試合を支配し始めます。そして、このプレイで得たコーナーキックが相手のオウンゴールを呼び込み、2-1で前半を折り返します。

 後半も、開始早々に試合が動きます。
 中盤でボールをカットしたドゥドゥから鈴木へ、鈴木がDF裏に出したスルーパスを森本が決めて3-1。

 あとは落ち着いてゲームを進め、ホーム連勝です。

 守備では左右にボールを振られたときにマークを外してしまうという課題が見られましたが、一時期のような不用意な縦パスをカットされるという事は減りました。
 そして、攻撃の方は山口戦に続き好調を保っています。ユ・インスの裏を狙う動き、ドゥドゥと松田の前線からの守備、森本の決定力、と上手く噛み合っている気がします。
 初スタメンの圍も、一失点はありましたが正確なフィードで攻撃の起点となり得ることを示しました。

 今日の勝利で、首位とは勝点差3の5位。次はアウェイで讃岐戦です。

 しっかり好調を維持して、勝点3を積み重ねて欲しいと思います。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック