2018J2 第29節 対栃木戦 1-0 ●

 連勝を目指して乗り込んだはずのアウェー栃木でしたが、結果は残念なものに。
 
 私はDAZNで観戦しました。

 一言でいうなら栃木の思惑にはまった試合。アビスパからするとやりたいことができず、ストレスのたまる試合でした。

 ボールポゼッションはアビスパ。
 ただ、アビスパはそういう試合は苦手です。一方で栃木は切り替えが速く、あっという間に守備ブロックを作ってしまい、アビスパはこれを崩すことができません。
 ドゥドゥが右に開いて中央に石津が陣取る布陣も、中が堅くてフィニッシュまでは行けず。。。

 こういう場合は「DFラインのギャップを突いてドリブルで仕掛ける」とか、「アーリークロス」とか、「ミドルシュート」を狙ってはどうかと、(素人ながら)思うのですが、この試合ではどれも見られませんでした。

 決定機の数は、私の主観では栃木が2、福岡が0。

 これが今日の試合を物語っていると思います。栃木のような守備力の高い(あるいは組織された)相手に対して、点が取れないことには昇格は難しいでしょう。

 失点シーンは毎試合細かく分析していると思いますが、何故決定機が作れなかったのか、次に活かさないと明日はありません。

 8月はホームゲームがなく、9月になると異常なまでの過密スケジュールになります。

 次節悪い流れを断ち切って、何とか勢いを盛り返してもらいたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック