2018J2 第34節 対愛媛 2-3 〇

 前節劇的な同点弾で引き分け、負けられないアウェイ戦、愛媛が相手でした。

 GKには前節3失点した圍に替えて杉山が入りました。
 CBは篠原が出場停止明けで復活。前線では、木戸が初スタメンです。

 試合は福岡が開始からアビスパが主導権を取りますが、ゴールは奪えず逆に愛媛のカウンターを受ける展開になります。
 このまま、後半勝負かなと思っていた前半のロスタイム、中盤でこぼれ球を拾われると左サイドから速攻を受けます。ゴール前には守備の人数が揃っていましたが、グラウンダーのクロスに誰も触れずファーに通されると失点。
 1-0とビハインドで前半を終了しました。

 後半、早めに木戸を下げて山瀬を投入。
 すると後半17分でした。鈴木から右サイド駒野への展開。駒野はそのまま持ち上がってクロスを上げるとドゥドゥが相手DFを引き連れてニアに、空いたファーに飛び込んだ石津がヘディングでゴール!同点に追いつきます。

 さらに攻撃に力をかけるアビスパですが、コーナーキックからカウンターを受けて失点。再びリードを奪われます。

 負けられない福岡はインスに替えて城後を入れると、31分でした。
 鈴木からゴール前右の石津にパス。スイッチしたドゥドゥが冷静に決めて同点。

 さらに、後半終了間際にも鈴木がボールを持つと、DFの裏に上げたボールにドゥドゥがフリーでヘディングシュート。劇的な決勝ゴールとなりました。

 二度リードされ、追いつき、逆転するというのはアビスパとしては珍しい事です。
 これまでだと、決め手を欠いて大事な試合で引き分ける事が多く、随分勝点を落としてきた印象が強いのですが、何が何でも勝つんだという気迫や、自分達にはできるんだという自信を感じました。

 もちろん、2失点は課題です。攻めている時のリスク管理はもう一度確認して欲しいものですね。特にセットプレーからカウンターを受けて失点するというシーンを今年は何度も見てきました。
 アビスパ相手に、各クラブがカウンターを狙ってくることも考えられます。攻撃は形になってきているので、次はその点の底上げが必要でしょう。

 風は吹いていますね。次節は中3日でアウェイ京都戦。愛媛戦と同様、強い気持ちと自信を持って連勝を期待します。

 少し余談。
 J1では長崎が勝利して残留争いも混とんとしてきましたね。ここまで8勝は11位のジュビロと同数で、十分J1で戦えていると思うので、何とか勝ち点を積み上げての残留を願っています。
 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック