2018J2第35節 対大宮戦 3-1 〇

 京都との対戦で残念な敗戦を喫し、非常に重要な一戦でしたが、今季初FWでスタメン出場となった城後がやってくれました。

 まずは開始40秒。中盤でのパスカットからDFの間に走り込む城後にパスが渡ります。両チーム通じて初シュートでしたが、これが決まって先制!
 
 実は試合前にゴール裏の仲間と、「城後が決めて先制すると盛り上がるよね」と話していたのですが、その通りの展開になりました。

 その後、大宮に攻め込まれる時間帯もありましたがボールホルダーにもプレッシャーを掛け、攻撃ではワンタッチでパスを回して一進一退で前半を終えます。

 この試合、選手は連戦中とは思えないキレを見せ、絶対に勝つという意気込みが伝わってきました。

 しかし後半開始早々、今度は大宮にゴールが生まれます。
 競り合いからDF裏に抜けられグラウンダーのクロス。中に人は揃っていましたがわずかに触れず、決められてしまいました。これで1-1。なんとか勝利が欲しい両チームとも攻め合いますが、後半自陣中央で大宮がボールを収めることが増えてきて、危ない場面を作られます。

 すると井原監督はボランチのドゥジェに替えてレオミネイロを入れます。枝村がボランチに下がり、レオミネイロは左サイドに位置どると、攻撃は活性化しました。さらに山瀬の投入を準備しますが、その前に決めたのはまたもや城後!
 鈴木からパスをもらった石津が切り返してシュート。これは枠を捉えませんでしたが、その先に走り込んだのが城後でした。DFよりわずかに先に触って待望の勝ち越し弾です!

 さらに、後半39分にはレオミネイロのシュートのこぼれ球を山瀬が豪快に蹴り込んで3-1で試合を決定づけ、長いアディショナルタイムも無失点に抑えて、連戦の最後に貴重な勝利を上げることができました。

 けが人の多い中、城後、山瀬とベテラン選手が結果を出したことは本当に心強いことです。

 残り試合、全勝を目指すのは当然のことですが、まずは次節岡山戦ですね。この試合で見せた強い気持ちで圧倒しましょう。

 さて、最後にひとつ、素晴らしい勝利の陰で、それを帳消しにしかねない出来事が起こってしまい、それに触れないわけにはいきません。
 「RESPECT宣言」中の三門選手へのブーイングです。

 三門選手については思い入れがあって、私も移籍した時はショックでした。ただ、相当な覚悟を持って大宮に移籍したことは想像に難くなく、私としてはプレッシャーをかける意味合い以上の、個人を標的としたブーイングをするつもりはありませんでした。
 ただ思いは人それぞれ、どうしても我慢ならない方が選手紹介時にブーイングすることは容易に想像できましたし、試合中に個人を標的としたブーイングが起きることも理解の範囲でした。

 しかし、「RESPECT宣言」時のブーイングについては、正直信じられませんでした。
 それもブーイングは、ゴール裏だけでなく、バックスタンドからも上がっていました。
 コアサポーターもリーダーをはじめ多くは黙って宣言を聞いていましたし、ブーイングに対して制止する声も聞こえましたが、決して少なくないブーイングが三門選手の宣言中続いたのです。

 ブーイングした人達は何を考えたのでしょうか?
 「三門選手にRESPECT宣言をする資格はない」という意見もネットで見ましたが、その考えは明らかに間違っています。移籍したのは彼の決断で、彼の人生を周りが決めることはできません。
 仮に百歩譲って、三門選手がその方のRESPECTに値しないと考えたとしても、彼はキャプテンとして大宮を代表して宣言しており、その宣言中にブーイングするということは、大宮全体の宣言を、ひいてはJリーグのRESPECT宣言自体を否定することになります。
 こんな簡単な事に何故思いが至らないのでしょうか?
 一部の心無い人達のお陰で、「アビスパサポーターにはRESPECTの概念がない」というイメージが発信されてしまったことは大変残念ですし、強い憤りを感じています。
 
 三門選手、大宮の選手・関係者、来場された大宮サポーターの方々、TVで観戦された方には大変不快な思いをされたことと思います。申し訳ございません。
 私がここで謝罪した所で何か変わる訳でもありませんが、その場にいた者の一人として、アビスパを応援するものの一人として、「誤った行為である」と声を上げることが必要だと思いました。
  
 かつてベアスタで判定に抗議した観客がピッチにペットボトルや傘などを投げ込んだ事件を思い出しました。
 あの時も、コアサポーターが陣取るゴール裏1Fではなく、2Fやバックスタンドからの投げ込みでしたが、この事件によって少なくない方がアビスパを嫌悪し、去って行きました。
 
 今回宣言時にブーイングした方はもう一度その行為のもたらした事を考えていただきたい。間違っていたと思うのであれば同じ過ちを繰り返さないで欲しい。
 もし自分が間違っていないと思うのであれば、そのような方は二度とスポーツには関わらないでいただきたいと思います。

 
 
 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック