2018J2 第38節 対山形戦 2-2 △

 優勝するには残り試合全勝が不可欠、と意気込んで臨んだアウェー山形戦ですが、非常に厳しい結果になりました。
 これで自動昇格圏内2位の大分とは勝点差4。

 可能性は残されていますし、諦める段階ではありません。
 また、負け試合を後半ロスタイムに意地で追いついてのドローで、何とか踏みとどまったという見方もできるでしょう。

 これで次の金沢戦の重要性が否が応でも増すことになりました。

 今日の試合で気になったのは攻撃に移るための縦パスをカットされるシーンが多かったこと。
 鈴木の調子も今一つ、というか意欲が空回りしているように思えました。
 守備陣も2失点は及第点には程遠い出来でした。
 
 こうした課題を修正して、次のホームゲームに集中することが求められます。

 サポーターも一丸となって後押ししましょう。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック