2019J2 第9節 対横浜FC戦 1-1 △

 前回のホーム千葉戦の後、ウィークデーに行われたホーム栃木戦は見事勝利で飾り、迎えた三連戦の最終節。
 アウェイ横浜FC戦です。

 前節も城後選手がボランチに入り中盤が良かったという情報は聞いていましたが、この試合もアンカー的な位置取りで中盤を締めてくれました。

 中盤の激しいボールの奪い合いも、こぼれ球を拾えたのは中盤の選手同士の距離感が良かったからだと思います。

 ポゼッションは勝りながら、前半はスコアレス終えます。そして後半12分、ゴール前のこぼれ球を拾いにボックスに入った松田選手が倒されてPK獲得。これをヤン・ドンヒョン選手が決めて先制。
 ヤン・ドンヒョン選手は3ゴール目です。
 このまま勝利を掴みたいところでしたが、34分相手のシュートが篠原選手の手に当たりPKを取られると、ゴールを決められて1-1に。

 その後もカウンターの応酬となりましたがそのままドローとなりました。

 残念ながら勝点3を奪うことは出来ませんでしたが、中盤の距離感や裏へのパスなど、攻撃でよい場面は多く作り出せたのではないでしょうか。守備でも粘り強く守れるようになってきました。

 細かいミスや、相手をフリーにさせることはまだありましたが、勝利への執念は感じることができました。

 さぁ、次はホームゲームです。私は前回のホーム初勝利を見ることができていないので、どのように選手・チームが成長したのか、楽しみに見たいと思います。

 次節は4/13(土) 14:00 kick Off 対町田戦です。

 ここで、ちょっとお誘いを掲示させてもらいます。

【ゴール裏へのお誘い】今こそゴール裏で応援してみませんか?

・ゴール裏に興味はあるけど、ちょっと敷居が高いなという方。
・コアサポに混じる勇気はないけど、あの雰囲気をちょっと覗いてみたいという方。
・メインスタンドやバックスタンドでは声を上げて応援しにくいという方。 ・・・etc

 博多の森陸上競技場は傾斜がレベスタよりも大きく、ゴール裏でもバックスタンドとそれほど見やすさは変わらないと思います。
 折角のチャンスなので、今こそ気軽にゴール裏で応援してみませんか?

 ゴール裏というと、コアサポに混じり、声を出したり跳んだりするイメージが強いですが、ゴール裏には複数の団体やグループがありますし、それらに所属していない個サポもたくさんいます。
 いきなりゴール裏中央のコアサポゾーンに入ることに抵抗のある方は、周辺部で様子を見てはどうでしょう?立ち上がって声を出している個サポはコアゾーン以外にも結構いらっしゃいます。

 例えばコアゾーンよりもメインスタンド、あるいはバックスタンド寄りで応援するのは如何でしょうか?
 常に声を出す必要も、常に立っている必要も、コアゾーンに移動する必要もありません。
 
 コアサポじゃなくてもゴール裏で応援していいんです。自由に、自分のペースで応援しましょう。

※特定の団体やグループを批評・批判する意図、特定の団体やグループに勧誘する意図はありません。
※私が個人的にこのブログで呼びかけるだけのものですので、特にイベントや当日の呼びかけもありません。自由参加。現地集合、現地解散。
※周囲の観戦者の迷惑になる行為や、公序良俗に反する行為はやめましょう。スタジアムの観戦マナーを守って応援しましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック