2019J2第9節 対町田戦 0-2 ●

 現地、博多の森陸上競技場で観戦しました。

 私としては前回の栃木戦を観戦できなかったので、目の前での初勝利を期待したのですが、結果としては大変残念なものとなりました。

 實藤選手が怪我だったのか、DFにウォン・ドゥジェ選手が入り、3バックでスタートしました。
 ボランチは鈴木選手と城後選手。

 しかし、中々ペースが握れず、ウォン・ドゥジェ選手のパスミスからカウンターを受け失点。

 その後三國選手を右サイドに出して4バックにしますが、右サイド以外からは効果的な攻撃ができませんでした。

 それは後半になってからも同じで、何度かおしいシーンは作りましたが逆に失点してしまい、0-2での敗戦です。

 あくまで印象ですが、今日の試合は選手の反応や判断の速度が遅く、運動量も物足りなく感じました。

 サイドチェンジや前線へのパスはミスが多く、どうやら対戦チームに狙われているようです。カットされることも多く、実際今期の失点の多くはこうした最終ラインからのパスカットや時間をかけすぎてボールを奪われることから生じているように感じます。
 また、前へのパスは人へのパスで、調子のよい時はワンタッチで相手マークを剥がせるのですが、時間がかかるとそこで攻撃が止まってしまいます。さらに、今日の試合のように出し手がパス後に動かないと完全に受け手が孤立して挟まれ、ボールを失う原因になっていました。今日は左サイドでそれが顕著だったように思います。

 最終ラインから繋いでビルドアップするスタイルを否定する訳ではありませんが、今のDF陣が成功していないのは明らかで、場合によってはロングボールを使用するなど臨機に対応した方が良いのではと思いました。

 唯一といっていい収穫は、三國選手のSBが良かったことでしょうか。いいクロスを何本も上げいましたね。
 とはいえ、彼は代表合宿のためチームを離れることになりますのでDFラインの底上げが急務ですね。
 個人的には篠原選手とウォン・ドゥジェ選手に一大奮起を期待します。


 最後に。
 前回の観戦ブログと試合前のツイッターで、ゴール裏での観戦、応援を進める記事を書きました。
 試合内容と結果は残念で、試合中も試合後も最高の雰囲気とはとても言い難いものでした。今回、記事を読んでゴール裏に来ていただいた方がどの程度いらっしゃったか全くわからないのですが、ゴール裏に来ていただいた皆さん、ツイッターなどで反応いただいた皆さんありがとうございました。
 お気に入りの観戦場所を見つけていただけたら嬉しく思います。

 そして、もし嫌な思いをされた方がいらしたら申し訳ありません。

 ただ、開き直る訳ではないのですが、チームだけでなくゴール裏も、これが過大でも過少でもない等身大の状況です。
 顔見知りと話し、プレーや判定に一喜一憂し、不甲斐ないプレーには怒りの声を上げ、ブーイングがあったり、拍手があったり、みなそれぞれがそれぞれの感性でチームを応援し、サポートしています。

 辛い試合や、怒りや涙があればこそ、勝利の歓喜は何物にも代え難い宝物になります。
  
 今回体験して懲りたという方は無理にとは言いませんので、気が向いたらまたゴール裏に来ていただければと思います。
 私は性懲りもなく、また「ゴール裏の勧め」記事を書くことにします。

 次のホームゲームは4/27の山形戦です。キックオフは12:00なのでお間違えなく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック