2019J2第10節 対愛媛戦 1-2 ○

 アウェイ愛媛戦。

 この試合では、實藤選手が戻ってきて三國選手とCBを組みました。
 ボランチは城後選手をアンカーに鈴木選手が動き回るイメージ。

 前回の町田戦で感じた閉塞感はなく、パスを出した後も細かく動いてパスコースを作り出し、前半は圧倒的にボールを保持しました。
 前線も連動してプレスをかけ、中盤から前でボールを奪取することにも成功していました。

 そして前半14分。中盤でボールを保持すると、木戸選手の飛び出しをよく見ていたヤン選手が絶妙のパスを出します。落ち着いてこれを受けた木戸選手はGKの股を抜くシュート。
 木戸選手は待望のJリーグ初ゴールです。

 さらに前半17分には田邉選手のクロスにファーで合わせた松田のヘディングシュートが決まり、前半で0-2とリードしました。

 その後も木戸選手、鈴木選手と決定的なシーンを作りますが追加点は奪えず後半は逆にペースを取り戻した愛媛の攻撃にさらされます。決定機のどちらかでも決まっていれば、もう少し楽なゲームになったのだと思います。

 1点を返されたものの、終盤も集中力を切らさずアウェイで貴重な勝点3を手に入れました。

 4枚ものイエローカードを受けたことは戦う意識の現れと言えなくもないですが、遅延行為や不用意なプレーは少なくしていかなければなりませんね。

 山瀬選手は元気そうでしたね。再三ボールにからんで、シュートもありました。やはり素晴らしい選手です。今後も活躍されることを願います。

 さて、次は10連休のスタートとなる4/27に、ホーム博多の森陸上競技場で山形と対戦します。
 
 アグレッシブさを継続できれば、良いゲームが見られるものと思います。

 連勝に期待します。

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック