ファビオ・ペッキア監督退任 久藤監督就任

 晴天の霹靂というのはこういう事を言うのでしょう。
 レベスタ開幕となった大宮戦から一夜、ファビオ・ペッキア監督の退任が発表されました。
 複数の記事によるとユーベのユース監督に決まっているようです。
 噂や憶測で個人批判をすることは避けねばなりませんが、何とも後味の悪い最後になりました。
 攻撃サッカーの完成形を見るために、我慢してきたのですが、最後がこれとは驚くばかりです。
 ただ、考えようによっては、今季は我慢と覚悟を決めていたのだから、まだ音を上げるのは早いのかもしれません。

 緊縮経営の今季、後を託せるのは内部昇格となる久藤コーチしかいません。
 本人も、もっと良い状態で監督を引き受けたかった事でしょうが、選択肢はなかったものと想像します。
 ここは、苦境に立たされた久藤監督を盛り立てて後押しをするしかないですね。

 実際、今の選手で守備を割り切り、ロングボールを解禁するだけで勝ち点は増えると思います。
 一度目指した攻撃サッカーと、守備の割り切りをどうミックスしていくのか、久藤監督の手腕にも期待します。
 
 それにしても、安定という言葉とは縁遠いクラブですね。まぁ、そんな事は百も承知、伊達に20年以上もアビスパサポーターを続けてないですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック