2019J2第18節 対柏戦 1-1 △

 今季初のレベスタナイトゲーム。久藤監督のホーム初戦の相手は柏でした。
 前半の早い段階で城後選手がゴールを決め先制したものの後半アディショナルタイムのラストプレーで失点してのドロー。
 その前の柏の全員攻撃は退けて、キーパーのいない相手ゴール前まで攻め込むというシーンを作っている訳ですから、詰めの甘さを指摘されるのは仕方ないところです。タラレバになりますが、あそこでコーナーキックを取っていれば、勝点3が手に入った可能性は高くなったはずです。
 ただし、今季で最も選手の気合いを感じた試合でもありました。
 終了後のスタンドからの拍手と声援からも、TLからも同じように思っている方が多かったことが窺えます。

 個人的にはしばらくこの試合のような3バックを希望します。ウォン・ドゥジェ選手がアンカーとして鈴木選手の守備の負担を減らすことで、ゲームメイクに専念してもらいましょう。
 特筆すべきは、GKセランティス選手の活躍。勝っていれば、先制点の城後にも勝る貢献でMVPだと思っていました。
 残念ながら、久藤監督の初勝利はお預けになりましたが、ここからの逆襲を期待します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック