2019J2第29節 対京都戦 1-1 △

 前節はブログを書く余裕がなかったので、少しだけ時間が空きました。
 アウェイなのでDAZN観戦です。
 相手の京都は、いうまでもなくJ昇格の同期でいろいろな縁がある相手ですが、今季はプレーオフ争いをしている状況です。対するアビスパは、なかなか安定した闘いができていません。正直かなり苦戦すると覚悟していました。
 前半はまさに我慢の展開でした。ボールは保持できず、サイドから何度となく崩されます。中央を分厚く守っていましたが、ミドルシュートを決められ先制点を奪われます。
 前半は流れを変えられませんでしたが、GKセランテス選手を中心になんとか1失点で折り返します。
 後半はボールを保持する時間が増えました。鈴木選手から京都の深いサイドにパスが出るようになります。
 ミドルシュートが相手選手の腕に当たって得たPKは、森本選手が外してしまいますが、勢いはアビスパにありました。
 左サイド輪湖選手きらのクロスに田邉選手が合わせて同点に追い付きます。
 終了間際にシュートのこぼれ球を闘莉王選手に詰められてゴールを割られますが、これは闘莉王選手の位置がオフサイド。
 勝点1を分け合う結果になりました。
 潜在的戦力からすれば互角かそれ以上の結果を期待したい所ですが、今季の仕上がりからするとまずまずの結果と思います。
 次節はホームですが、今季はアウェイで善戦や勝利の後ホームで不甲斐ない内容になることが多く、全く安心できません。
 必要以上に固くなることなく、自分達のサッカーとは何かを示してもらいたいと願います。

"2019J2第29節 対京都戦 1-1 △" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント