2019J2第29節 対京都戦 1-1 △

 前節はブログを書く余裕がなかったので、少しだけ時間が空きました。 アウェイなのでDAZN観戦です。 相手の京都は、いうまでもなくJ昇格の同期でいろいろな縁がある相手ですが、今季はプレーオフ争いをしている状況です。対するアビスパは、なかなか安定した闘いができていません。正直かなり苦戦すると覚悟していました。 前半はまさに我慢の展開でした…
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第27節 対岐阜戦 0-2 〇

 前回の対戦では悔しい敗戦を喫した岐阜と、今節はアウェイで対戦しました。  この試合の勝敗は非常に重要でしたが、前半37分にヤン・ドンヒョン選手のゴールで先制!  後半には途中交代で出場した城後選手の得点で下位直接対決を制しました。  前節敗戦の中にも攻撃の形ができていましたが、この試合でも両サイドに上手くボールを配給できまし…
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第26節 対横浜FC 0-2 ●

 今季初の連勝、そして個人的には目前での初勝利がかかった試合でしたが、スコアは0-2で敗戦となりました。  ただし現地で感じたのは、これまでとは違う感触でした。  攻撃では両SB、特に石原選手が何度も相手陣に攻め込み、惜しいシーンを作り出しました。クロスバーを叩いた2本のシュートのどちらかが入っていれば、結果は全く違ったものになって…
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第24節 対水戸線 1-1 △

 前回アウェイで衝撃的な敗戦を喫した水戸相手。しかもこちらは決して好調とは言えない中で、相当苦戦することを予想していました。 蒸し暑いこともありましたが、前半は水戸の出足は思ったほどでもなく、逆にアビスパは中盤で上手くボールを拾えました。 そして、ヤン・ドンヒョン選手がこぼれ球を押し込んで先制! 後半、水戸に追い付かれ、ペースを奪われま…
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第23節 対千葉 3-0 ●

 何ともブログを書くのが苦しい状況ですね。 町田戦は勝利できましたが、よい流れが続かない。 最初の失点は、セランテス選手も意表をつかれた形で、GKとしては悔しいものでしたが、それ以外では何とか守れていました。ところが、菊地選手が負傷退場するとDFが途端に不安定になった気がします。 特に私が気になったのは、パススピード。ボランチへの縦パス…
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第21節 対岐阜 1-3 ●

 シーズン前半戦最後の試合、ウィークデーに天皇杯で鹿児島に勝利して、上昇機運の中で戦えるものと期待していましたが、結果は何とも残念なものになりました。  対する岐阜も苦しい状況であり、この一戦にかける気持ちは相当なものがありました。そんな中、最初のピンチであっけなくゴールを割られてしまうと、反撃ムードが盛り上がる前に石津選手が接触から…
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第20節 対山口戦 2-4 ●

 ホームゲームレノファ山口戦。  前半は良かったんです。初先発の森本選手と石津選手の距離感もよくて、うまく石津選手が中盤で起点を作れていました。  ボールを奪取した時の切り替えも早く、前への推進力はこれまでの試合で見られなかったものでした。  PKを決められず、逆に失点したものの、直ぐに2点目を取れたことで、今日は行けると思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第19節 対徳島戦 2-1 ●

 前節ホームで柏と引き分けて、それでも上向きになっていることを感じて期待したアウェイの徳島戦でしたが、残念ながら低調な前半でゲームの主導権を握られ追いつくことがかなわず、敗戦となりました。  とにかく前半が悪すぎました。  前半のポゼッションは40%。シュート数はわずか2本。パスがショートしたり、フリーでシュートを打たせたり、中盤は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第18節 対柏戦 1-1 △

 今季初のレベスタナイトゲーム。久藤監督のホーム初戦の相手は柏でした。  前半の早い段階で城後選手がゴールを決め先制したものの後半アディショナルタイムのラストプレーで失点してのドロー。  その前の柏の全員攻撃は退けて、キーパーのいない相手ゴール前まで攻め込むというシーンを作っている訳ですから、詰めの甘さを指摘されるのは仕方ないところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファビオ・ペッキア監督退任 久藤監督就任

 晴天の霹靂というのはこういう事を言うのでしょう。  レベスタ開幕となった大宮戦から一夜、ファビオ・ペッキア監督の退任が発表されました。  複数の記事によるとユーベのユース監督に決まっているようです。  噂や憶測で個人批判をすることは避けねばなりませんが、何とも後味の悪い最後になりました。  攻撃サッカーの完成形を見るために、我…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019 J2 第16節 対 大宮戦 1-1 △

 今季初のレベルファイブスタジアムは、強敵大宮を迎えてのデーゲームでした。  雨が心配されましたが、なんとか降らずにすみ、1万人を超える観客が駆け付けました。  やっぱりレベルファイブスタジアムはいいですね。ゴール裏からの観戦は全体を把握するには少し厳しいですが、臨場感は陸上競技場と比べ物になりません。今日は配布されたハリセンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第15節 対鹿児島戦 0-1 〇

 九州内のアウェイ戦、しかもチームが苦しい中ということで、非常に多くのサポーターが鹿児島に応援に駆け付けたようです。アウェイ側の自由席は完売ということで、DAZNの中継でも大きな声が聞こえていました。  その後押しの効果もあり、前半はポゼッションこそ鹿児島に譲ったものの、チャンスの数では上回り、攻撃については悪くない状態でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2 第14節 対甲府 0-3 ●

 甲府は言うまでもなく強豪ですし、正直かなりの苦戦を覚悟していました。  その予想のとおり開始早々初めてのピンチからあっけなく失点したものの、戦えていないわけではないと感じた前半でしたが、何ともゴールが遠い試合となりましたね。  以下戦術的な理解が正しいのか不安はありますが、思ったことをそのまま記します。  今日のアビスパは低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第13節 対東京V 3-2 ●

 前節は一人少ない中でリードされた試合を追いついてのドローで、底は見えたかのように思えたのですが、中々急上昇というわけにはいかないですね。  アウェイ東京V戦は、開始早々の10分にリードされ、33分に追いつくも、前半アディショナルタイム、後半開始早々に追加点を奪われるという苦しい展開。  3-1とリードを広げられた5分後に、鈴木選手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2 第11節 対山形戦 0-1 ●

 GWの初日、晴天に恵まれた博多の森陸上競技場ですが、残念過ぎる結果になりました。スコア以上の完敗です。  山形はさすがに上位をキープしているだけあって、前からのプレスも、シンプルな攻撃も機能していました。  それに引き換え、アビスパはアウェイで勝利した愛媛戦とは比べ物にならない出来でした。  パスは回らない。プレスは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第10節 対愛媛戦 1-2 ○

 アウェイ愛媛戦。  この試合では、實藤選手が戻ってきて三國選手とCBを組みました。  ボランチは城後選手をアンカーに鈴木選手が動き回るイメージ。  前回の町田戦で感じた閉塞感はなく、パスを出した後も細かく動いてパスコースを作り出し、前半は圧倒的にボールを保持しました。  前線も連動してプレスをかけ、中盤から前でボールを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第9節 対町田戦 0-2 ●

 現地、博多の森陸上競技場で観戦しました。  私としては前回の栃木戦を観戦できなかったので、目の前での初勝利を期待したのですが、結果としては大変残念なものとなりました。  實藤選手が怪我だったのか、DFにウォン・ドゥジェ選手が入り、3バックでスタートしました。  ボランチは鈴木選手と城後選手。  しかし、中々ペースが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2 第9節 対横浜FC戦 1-1 △

 前回のホーム千葉戦の後、ウィークデーに行われたホーム栃木戦は見事勝利で飾り、迎えた三連戦の最終節。  アウェイ横浜FC戦です。  前節も城後選手がボランチに入り中盤が良かったという情報は聞いていましたが、この試合もアンカー的な位置取りで中盤を締めてくれました。  中盤の激しいボールの奪い合いも、こぼれ球を拾えたのは中盤の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2 第6節 対千葉戦 0-1 ●

 ほぼ満開の桜が咲く博多の森で行われた千葉戦、非常に厳しい結果となりました。  前半はポゼッションでも上回り、相手ゴールに迫りますがなかなかシュートまで持ち込めませんでした。  後半もほとんどシュートなし。  強風の影響もあったとは思いますがパスミスも多く、中盤から前にボールが出ない。  選手同士の連係ミスが多かったのも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第5節 対新潟戦 0-1 ○

 開幕から4戦未勝利で迎えたアウェイゲーム、対新潟戦は、ヤン・ドンヒョン選手の2試合連続ゴールで挙げた1点を守り抜いて、ようやく今季の初勝利となりました。  この試合、三國選手が復帰、篠原選手とCBでコンビを組み、實藤選手は右SBに入りました(左SBは当然のように輪湖選手)。  この三國選手が効いてましたね。ロングボールはかなり弾き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more