スマホ買い替え

少し前のことになりますが、使っているスマホを買い換えました。
とはいっても、中古のXperiaSO-01c→XperiaSO-04dに替えただけですが(^^;。
元々は、機種変更で不要になったSO-1cに格安SIMを入れて使っていました。SIMはBIGLOBEの通信専用LTE、月額900円ですが、データ通信量の上限値が3GBあり、私の使用方法では全く不足することはありませんでした。
BIGLOBEのLTE/3G接続は、docomoの回線を使用しますので、通信エリアにも問題ありません。
ただし、SO-01cは3Gの端末で、折角SIMや回線がLTEに対応していても、速度の面ではやはりモッサリ感が否めませんでした。
ということで、LTEの中古スマホを物色。狙いはXperiaです。
格安SIMでテザリングするには、rootを取る必要があります。実はそれ以外の方法もありますが、型落ちのスマホで格安SIMを使うと、どうしてもdocomoの純正アプリが邪魔ですので、これらを消したいという欲求があります。
rootを取るには専門的な知識が要りますし、リスクも高い。
そこで、Xperiaです。
詳しくは書きませんが、Xperiaは比較的rootが取りやすく、失敗した時リカバーできる方法もあるので、リスクが多少低いと考えたのです。

しばらく、あちこちの店で情報を収集した結果、購入したのはSO-04d。
これもひと世代前の端末ですが、dualコアでROMも16GBと、01-cとは比べ物にならないスペック。そしてもちろんLTEに対応しています。
比較的きれいな端末でお値段は12,800円(税別)。

まずはSO-04dを最新のリビジョン9.1.c.1.103にアップデート。
これには、SonyEricsonのPC companionを使用しました。
あっさりアップデート終了。

それから、root取得ツールでrootを取る。
これもあっさり成功。

しかし。SIMの挿入で思わぬ事故が。。。。

アダプターはminiSIMのサイズのプラスチック片に、microSIMの窪みがあり、これにmicroSIMをはめ込むのですが、私は特に接着せずはめ込むだけにしていました。
アダプタを裏返してスマホに挿入。
なんか上手く入らないなぁと思い、入れなおそうとした時、アダプターを残してSIM本体だけが抜けてしまいました!
ショウガナイなぁとアダプターを抜こうとすると。。。抜けない!
スマホ側の端子が、アダプターの窪みに引っかかって抜けないのです。
あせればあせるほど深みにはまる。無理に抜こうとすると端子が壊れてしまう。。。
しばらく考えて、はたと思いついた。
薄いプラスチックの板をアダプターと端子の間に挿入して、端子が引っかからないように押さえればよいのでは?
透明なプラスチックの薄い板を物色して、SIMの幅にカット。
アダプターと端子の間にすべり込ませてアダプターを奥まで押し込む。
プラスチックの板で端子を押さえながら奥まで押し込み、アダプターだけを抜く。。。
抜けました。。。。

疲れた。。。。
端子が曲がってショートしていないか心配でしたが、通信してみると大丈夫でした。

しかし、問題は終わらない。
rootを取っても、テザリングができなかったのです。
SO-01cではroot取るだけでできたのに。。。
こちらも解決しましたが、長くなったのでまた今度にします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック