2018J2 第2節 対京都戦 2-2 △

 開幕からのホーム2連戦、連勝をかけた相手は宿敵京都です。
 天気予報では1mmの雨ということでしたが、雨に突風と悪天候でした。最近天気予報当たりませんね。。。
 開幕戦で負傷したインスは欠場、森本が先発に名を連ねました。ドゥドゥとの2トップで、それ以外は開幕と同じ顔触れでスタートしました。
 ゲームは順調に推移し、輪湖からのセンタリングを松田が折り返してドゥドゥがオーバーヘッド気味のボレーシュート。まるで開幕戦の石津のゴールを見るようでした。
 これが決まって先制!
 その後も、京都に主導権を握らせず、森本のシュートが相手DFのミスを誘ってオウンゴール。
 面白いように攻撃がつながります。
 攻撃の時はDFからボールが鈴木、石津など多くの選手を経由してテンポよくつながります。輪湖は攻撃時はハーフラインでボールを呼び込み、守備時には最終ラインまで戻る献身的な動きでゲームの重要なピースを演じました。

 後半もアビスパが押し込む時間が続き、流れるような攻撃、惜しいシュートも多くありましたが3点目が取れない。。。
 すると、一瞬のスキをつかれて京都FWロペスが同点弾。一度前に動いた後ファーに逃げて岩下と堤のギャップをつき、そこにドンピシャのクロス。敵ながら見事なゴールでした。
 慌てる必要はなく、慌ててもいなかったと思うのですが、2失点目はいささかアンラッキーな形でショートカウンターを受けてしまいました。
 ドゥドゥは怪我で城後と交代。
 正直その後は攻撃が上手く回らなくなった印象を持ちました。
 今日は城後の日ではなかった。トゥーリオ、エウレーも投入しましたが、結果的には、3点目を取れなかったことが響き、勝点2を失った第二戦でした。
 
 一言でいうともったいない試合ですが、これがまだ二戦目で良かったと思うことにしましょう。
 しかしドゥドゥはいいですね。すでに攻撃の中心になっています。試合後も足を引きずっていたので怪我が心配ですが、第4節の甲府戦では契約上出場ができません。
 今日はトゥーリオ、エウレーは印象を残してくれませんでしたが、次節以降、強烈なインパクトを与えてくれることを期待します。

 今日は長崎-鳥栖の九州ダービーが行われましたね。
 結果はアビスパと同じような経過で2-2のドローでした。長崎は初の勝点です。残念ですが少しでも早く勝点3を得られることを祈ります。
 
 鳥栖と言えば今週は極めて不愉快な出来事がありました。鳥栖のラッピング電車(特急)を大分~博多~鳥栖~長崎間に走らせ、その出発式イベントを、博多駅で行うという行為です。期間限定とはいえ大分、北九州、福岡、鳥栖、長崎のホームタウンを毎日数便走るわけです。
 それが許されるなら、隣接地域でのTVコマーシャルも、スクール運営も問題ないという事ですよね?
 それがJリーグが掲げる地域密着だとしたら、100年なんて絵空事だと思いませんか?
 ビッククラブを作るためだとしても、方法は間違っている。
 例えば、合同企画にして各クラブのロゴを入れる。鳥栖中心のラッピングであったとしても、その配慮ができなかったものでしょうかね。
 多くの福岡サポーターは静観しており、遺恨をあおるつもりは私にもありませんが、サポーターではなくクラブが公式に行った行為なので、好き嫌いではなく、私は許されない問題だと思います。
 嫌われ者クラブの自業自得と思いますか?

 この話題を出すこと自体、不愉快に思われた方がいらっしゃるかもしれませんがどうしても黙っているのはおかしいと思えて触れました。ここまでにします。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック