2018J2 第12節 対山形戦 2-1 〇

 GWの連戦の中で唯一のホームゲームとなった第12節。
 快晴でしたが風が強く、しかも風向きが安定せず突然強く吹くという難しい条件の中、ゲーム内容も非常に難しいものとなりました。
 井原監督は連戦という事で前節からスタメンを少し変えてきました。
 浦和から復帰した田村が初スタメン。實藤、エウレーがスタメンに名を連ねました。登録上は田村、岩下、篠原がDF、實藤、インス、鈴木、石津、エウレー、輪湖がMF、ドゥドゥがFWで、試合開始まで3バックなのか4バックなのか分かりませんでした。
 ふたを開けてみると、輪湖、岩下、篠原、實藤の4バック。田村はボランチに、エウレーはウィングでした。
 ドゥジェが怪我で不在の中、山瀬、城後、枝村と鈴木をダブルボランチに起用していましたが(石津もやってましたね)、田村がCBとともにボランチもできることは知っていたので彼には期待していました。
 開幕から12戦目の初スタメンで、ようやくという感じですね。

 さて、試合は前半はやや押し気味に進め。。。と思っていましたが、ダイジェストを見ると結構危ないシーンがありましたね。
 攻撃ではエウレーが積極的にシュートを打っていましたね。前節は守備でやや心もとない印象がありましたので、やはり一列前が今の彼の適性ポジションかもしれません。このゲームでは鈴木の替りにプレスキックを蹴ることもありました。

 前半はスコアレスで後半に入ります。
 山形は、前線からハイプレスを続けていましたが、アビスパは高いDFラインの裏を狙います。50分、岩下からスペースに出したロングボールに走り込んだドゥドゥが、相手DFと競り合ってゴールライン際でマイボールし、ゴール間フリーの石津にパス、石津が綺麗に決めてアビスパ先制。
 しかし74分にゴール右に運ばれ、これに詰めた圍がかわされて失点。ギリギリのプレーでしたが、DFも全員がニアをケアする中で、上手くラストパスを通されてしまいました。

 どうしても勝点3が欲しいゲームでしたが、微妙な判定もあってイライラが増します。
 アディショナルタイムには決定的なピンチを迎えますが、なんとかクリア。
 そして、試合終了直前でした。
 センタリングから田村がヘッドで繋ぎ、90分にエウレーと交替で入った枝村に。相手DFと競り合いながらも枝村が触ったボールは、ゴール右コーナーに当たってゴールイン!!
 劇的な幕切れでアビスパがホームでの連勝を達成しました。
 枝村は移籍後初ゴール。

 よくあの位置に走り込んだと思います。

 この結果、首位とは勝点差2の3位に浮上。
 次は中2日で2位の岡山とアウェーで対戦します。
 岡山は今期守備が堅い印象がありますが、守備の要濱田を欠いて、一方福岡も輪湖を累積警告で欠いての試合です。
 連戦の中、総力戦という意味ではアビスパの方が層は厚いはず。
 上位相手に、どんな形でもよいので勝点3を取る試合を期待します。
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック