2018J2 第18節 対熊本戦 0-1 〇

 天皇杯から中3日で迎えたアウェイ熊本戦。
 私はDAZN観戦でしたが、多くのアビスパサポーターが水前寺競技場に駆け付け、画面越しに見るゴール裏は良い雰囲気を醸し出していました。
 今日のシステムは4-4-2。CBには岩下が帰ってきて篠原と組みました。SBは輪湖と駒野。ボランチは枝村と鈴木、インスと松田がワイドに開いて2トップはドゥドゥと森本です。

 前半からボールの支配率は熊本でしたが、いくつかあった決定的なシーンはほぼアビスパのもの。
 そんな中前半31分に森本がコースを上手くついたグラウンダーのシュートでゴールを奪いました。

 後半も熊本がボールをつなぎアビスパゴールに迫りますが、圍が何度もビックセーブを見せて無失点勝利。

 2点目を取れるチャンスはいくつかあり、それを取っていればもっと楽に勝てたと思うのですが、非常に苦しい試合でした。
 しかし守備は非常に集中していました。
 しっかり守って無失点での勝利。

 山口も勝って勝点では並んでいますが、首位大分が愛媛に敗れたため、暫定ではなく首位に立ちました。

 まだまだ、安心して見られるような盤石の強さではありませんが、少しづつ結果も積みあがってきました。

 次節はJ1からの降格組である新潟。

 しっかり準備して勝利を見せて欲しいと願っています。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック