2019J2第20節 対山口戦 2-4 ●

 ホームゲームレノファ山口戦。

 前半は良かったんです。初先発の森本選手と石津選手の距離感もよくて、うまく石津選手が中盤で起点を作れていました。
 ボールを奪取した時の切り替えも早く、前への推進力はこれまでの試合で見られなかったものでした。
 PKを決められず、逆に失点したものの、直ぐに2点目を取れたことで、今日は行けると思ったのですが。。。

 後半の同点ゴールを決められた事が、今のアビスパの問題を象徴しているようです。
 とにかく失点の仕方が悪い。リードしているゲームを、自分達で壊してしまいました。
 
 後の2失点は運のなさというか、手放してしまったゲームの流れが如実に現れました。

 アビスパ、重症です。
 次戦は天皇杯ですが、連戦なのでターンオーバーでしょう。正直リーグ戦の方が重要ですが、勝利とはどういうものなのか思い出すためにも捨てゲームとしてはいけないと思います。
 もう一度誇りを取り戻そう。



"2019J2第20節 対山口戦 2-4 ●" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント