2019J2第30節 対愛媛戦 3-0 ◯

 8月最後のホームゲーム、そしてレベスタでのゲームはラグビーワールドカップ前最後でしたが、ようやく勝ってくれました。
 ホームゲームでは2勝目ですが、私はそのゲームは仕事で観戦できなかったので、今年13ゲーム目での初勝利です。
 長年の経験から、アビスパに関しては神頼みもジンクスも一切効果なしと思い知っている私ですが、それでも呪われているのではないかと思うことがありました。
 勿論、呪いもありはしませんが、選手やサポーターにある種気持ちの呪縛みたいなものはあったのかもしれませんね。
 冠スポンサーデイ、1万人超え、アウェイ善戦後のホーム、前所属選手との対戦と、これまで勝てないと言われてきた数々の要素の下での勝利。
 ここから、調子が上向いて安定してくれることを願います。
 今日の勝因は何と言ってもGKセランテス選手のスーパービッグセーブですね。
 前半ペースを握りながら、ショートカウンターでシュートに持ち込まれ、ボールの軌道が変わって逆を突かれ、体勢も崩れた中、右手一本でした。
 あれでスタジアムの雰囲気が一気に上がりました。まさに神セーブ。
 そして、2点目の城後選手のループシュート。GKの位置を見て、隙があれば狙おうと思っていたんでしょうね。ヒーローインタビューでは、「打った瞬間ヤバいと思った」と語っていましたし、西日本新聞によると周りから「打つな」と聞こえたそうですが、あのセンスが城後選手の素晴らしさですね。
 この2試合、鈴木選手と加藤選手のバランスがいいですね。この試合では、組み立て時に鈴木選手が守備ライン近くまで降りてきて、フリーでプレーできるシーンが多くありました。悪い時はそこを狙われてショートカウンターを受けるのですが、まさに前半のピンチはそういう状態でした。
 良い時はプレッシャーを受けた状態ではシンプルにダイレクトでボールを逃がす事ができています。

 この試合、怪我後初めて石津選手がスタジアムを訪れました。選手は全員が石津選手のTシャツを着て、石津選手とともに場内を一周しました。
 大怪我で、これからのリハビリが大変だと思いますが、焦らず頑張って欲しいと思います。

"2019J2第30節 対愛媛戦 3-0 ◯" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント