テーマ:アビスパ福岡

2020J2第1節【開幕戦】対北九州 A 0-1 〇

 待ちに待ったJリーグの開幕。北九州との福北ダービーということで、北九州のホームスタジアム、「ミクニワールドスタジアム北九州」に行ってきました。  かねてから是非訪れたいと思っていたスタジアムで、またとない機会とあって、早くからチケットを押さえ楽しみにしていました。アウェイゴール裏は超満員で、残念ながら入場後あれこれ見物する時間も余裕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第20節 対山口戦 2-4 ●

 ホームゲームレノファ山口戦。  前半は良かったんです。初先発の森本選手と石津選手の距離感もよくて、うまく石津選手が中盤で起点を作れていました。  ボールを奪取した時の切り替えも早く、前への推進力はこれまでの試合で見られなかったものでした。  PKを決められず、逆に失点したものの、直ぐに2点目を取れたことで、今日は行けると思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第19節 対徳島戦 2-1 ●

 前節ホームで柏と引き分けて、それでも上向きになっていることを感じて期待したアウェイの徳島戦でしたが、残念ながら低調な前半でゲームの主導権を握られ追いつくことがかなわず、敗戦となりました。  とにかく前半が悪すぎました。  前半のポゼッションは40%。シュート数はわずか2本。パスがショートしたり、フリーでシュートを打たせたり、中盤は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第18節 対柏戦 1-1 △

 今季初のレベスタナイトゲーム。久藤監督のホーム初戦の相手は柏でした。  前半の早い段階で城後選手がゴールを決め先制したものの後半アディショナルタイムのラストプレーで失点してのドロー。  その前の柏の全員攻撃は退けて、キーパーのいない相手ゴール前まで攻め込むというシーンを作っている訳ですから、詰めの甘さを指摘されるのは仕方ないところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファビオ・ペッキア監督退任 久藤監督就任

 晴天の霹靂というのはこういう事を言うのでしょう。  レベスタ開幕となった大宮戦から一夜、ファビオ・ペッキア監督の退任が発表されました。  複数の記事によるとユーベのユース監督に決まっているようです。  噂や憶測で個人批判をすることは避けねばなりませんが、何とも後味の悪い最後になりました。  攻撃サッカーの完成形を見るために、我…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019 J2 第16節 対 大宮戦 1-1 △

 今季初のレベルファイブスタジアムは、強敵大宮を迎えてのデーゲームでした。  雨が心配されましたが、なんとか降らずにすみ、1万人を超える観客が駆け付けました。  やっぱりレベルファイブスタジアムはいいですね。ゴール裏からの観戦は全体を把握するには少し厳しいですが、臨場感は陸上競技場と比べ物になりません。今日は配布されたハリセンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第15節 対鹿児島戦 0-1 〇

 九州内のアウェイ戦、しかもチームが苦しい中ということで、非常に多くのサポーターが鹿児島に応援に駆け付けたようです。アウェイ側の自由席は完売ということで、DAZNの中継でも大きな声が聞こえていました。  その後押しの効果もあり、前半はポゼッションこそ鹿児島に譲ったものの、チャンスの数では上回り、攻撃については悪くない状態でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2 第14節 対甲府 0-3 ●

 甲府は言うまでもなく強豪ですし、正直かなりの苦戦を覚悟していました。  その予想のとおり開始早々初めてのピンチからあっけなく失点したものの、戦えていないわけではないと感じた前半でしたが、何ともゴールが遠い試合となりましたね。  以下戦術的な理解が正しいのか不安はありますが、思ったことをそのまま記します。  今日のアビスパは低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第13節 対東京V 3-2 ●

 前節は一人少ない中でリードされた試合を追いついてのドローで、底は見えたかのように思えたのですが、中々急上昇というわけにはいかないですね。  アウェイ東京V戦は、開始早々の10分にリードされ、33分に追いつくも、前半アディショナルタイム、後半開始早々に追加点を奪われるという苦しい展開。  3-1とリードを広げられた5分後に、鈴木選手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2 第11節 対山形戦 0-1 ●

 GWの初日、晴天に恵まれた博多の森陸上競技場ですが、残念過ぎる結果になりました。スコア以上の完敗です。  山形はさすがに上位をキープしているだけあって、前からのプレスも、シンプルな攻撃も機能していました。  それに引き換え、アビスパはアウェイで勝利した愛媛戦とは比べ物にならない出来でした。  パスは回らない。プレスは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第10節 対愛媛戦 1-2 ○

 アウェイ愛媛戦。  この試合では、實藤選手が戻ってきて三國選手とCBを組みました。  ボランチは城後選手をアンカーに鈴木選手が動き回るイメージ。  前回の町田戦で感じた閉塞感はなく、パスを出した後も細かく動いてパスコースを作り出し、前半は圧倒的にボールを保持しました。  前線も連動してプレスをかけ、中盤から前でボールを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第9節 対町田戦 0-2 ●

 現地、博多の森陸上競技場で観戦しました。  私としては前回の栃木戦を観戦できなかったので、目の前での初勝利を期待したのですが、結果としては大変残念なものとなりました。  實藤選手が怪我だったのか、DFにウォン・ドゥジェ選手が入り、3バックでスタートしました。  ボランチは鈴木選手と城後選手。  しかし、中々ペースが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2 第9節 対横浜FC戦 1-1 △

 前回のホーム千葉戦の後、ウィークデーに行われたホーム栃木戦は見事勝利で飾り、迎えた三連戦の最終節。  アウェイ横浜FC戦です。  前節も城後選手がボランチに入り中盤が良かったという情報は聞いていましたが、この試合もアンカー的な位置取りで中盤を締めてくれました。  中盤の激しいボールの奪い合いも、こぼれ球を拾えたのは中盤の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2 第6節 対千葉戦 0-1 ●

 ほぼ満開の桜が咲く博多の森で行われた千葉戦、非常に厳しい結果となりました。  前半はポゼッションでも上回り、相手ゴールに迫りますがなかなかシュートまで持ち込めませんでした。  後半もほとんどシュートなし。  強風の影響もあったとは思いますがパスミスも多く、中盤から前にボールが出ない。  選手同士の連係ミスが多かったのも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2第5節 対新潟戦 0-1 ○

 開幕から4戦未勝利で迎えたアウェイゲーム、対新潟戦は、ヤン・ドンヒョン選手の2試合連続ゴールで挙げた1点を守り抜いて、ようやく今季の初勝利となりました。  この試合、三國選手が復帰、篠原選手とCBでコンビを組み、實藤選手は右SBに入りました(左SBは当然のように輪湖選手)。  この三國選手が効いてましたね。ロングボールはかなり弾き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2 第4節 対岡山 2-1 ●

 DAZNの追っかけ再生で観戦しました。  なかなか勝利が遠いですね。  一番の問題は攻撃している時の守備だと思うんですが、正直今のディフェンス力ではJ2では勝てない。と思うのは、前線からのハイプレスを選んでくるJ2クラブが多いからです。スカウティングもしているはずなので、アビスパ相手にはハイプレスがセオリーになるとも考えられ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2 第3節 対京都戦 0-1 ●

 初勝利を期待されたホーム2戦目。  風は強いものの良い天気の中行われましたが、結果は残念なものでした。  これまで攻撃内容はそれほど悪くなかったのですが、しっかりブロックを作って対処する京都相手に攻めあぐね、相手のミスから得たショートカウンターのチャンスもことごとくモノにできませんでした。  加えて、最終ラインからの組み立て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2 第2節 対長崎 0-0 △

 サッカーのサポーターの間では、開幕戦で互いに「明けましておめでとうございます」と挨拶することがありますが、アウェイの琉球戦に行けなかったサポーター達はようやく一年が明けました。  ただし、ホームスタジアムであるレベルファイブスタジアムが改修中のため、博多の森陸上競技場での開幕となりました。  相手は長崎。奇しくも、J3からの昇格組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019J2 第1節 対FC琉球 3-1 ●

 いよいよ新監督の元、新しいシーズンが始まりました。  初戦はJ2に昇格した琉球とのアウェイ戦でした。  正直、アンラッキーな面はあったと思いますが、攻撃では何度となくあったチャンスをものにできず、1点止まり。  そして、守備ではDFの裏を上手く使われてPKを含めた3失点でした。  気になったのはやはりDFです。先に触れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アビスパ福岡移籍情報 更新

 前回の更新から随分期間が空いてしまいました。  ようやく時間ができたので、この間の情報を更新しました。  まずは、2/2去就が不明だった崎村選手の退団が発表されました。  昨年には体調不良が伝えられていました。退団に至った判断の詳細は明らかにされていませんが、双方合意のもとの契約解除ということです。サッカーを続けるのかどうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アビスパ福岡移籍情報2018-2019 まとめ

 新体制と背番号が発表された後、1/17に菊池選手の移籍が発表されましたので、一旦情報をまとめました。  菊池選手は、各クラブで主将を務めるなど、選手やサポーターからも信頼の厚い選手。最年長ということで少数精鋭で若い選手も多いチームを、上手くまとめてもらいたいと思います。  一覧を見て感じるのは、まずGKが3名体制であること。セ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アビスパ福岡移籍情報2018-2019(5)-謹賀新年-

 明けましておめでとうございます。  昨年は拙い文章にも関わらず本ブログを訪れていただきありがとうございました。  三が日を過ぎてしまいましたが、今年初めてのブログ更新です。  今年もアビスパ福岡の記事を中心に、できるだけ更新していくつもりでおりますのでよろしくお願いいたします。  さて、年末年始にいくつかのリリースがありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アビスパ福岡移籍情報2018-2019(4)

 年末になって次々と契約情報が更新されました。  12/26にはレオミネイロ選手のファジアーノ岡山への完全移籍と森本選手の契約更新が、12/27には、城後選手を始め、杉山選手、松田選手、石津選手、岩下選手、鈴木選手の契約更新が、12/29にはFC東京から田邉選手の完全移籍加入が発表されました。  レオミネイロ選手の移籍は予想外でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アビスパ福岡移籍情報2018ー2019(3)

 所属選手3名(木戸選手,實藤選手,篠原選手)の契約更新が、また、C大阪から前川選手、喜田選手の育成型期限付き移籍が発表されました。  年内にもう少し固まるのではないかと思います。  木戸選手は何度かチャンスを貰えましたが、惜しいシーンはありながらもゴールという結果には結びつけることができず、悔しいシーズンだったと推測します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アビスパ福岡 新監督決定!

 アビスパ福岡は14日、来季の監督にイタリア人のファビオ ペッキア氏が就任することを発表しました。  井原監督退任の後、コーチ陣も複数辞任することが発表されていたので、コーチ陣と共に就任することの多い外国人監督の可能性があるとは思っていましたが、イタリア人監督とは全くの予想外でした。  しかもセリエA等で活躍したビッグネーム。監…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アビスパ福岡 移籍情報 2018-2019(1)

 プレーオフ進出を逃したことで、早くもオフシーズンの契約更改のニュースありました。  成績によらず毎年避けては通れないことですが、寂しく、やるせない気持ちになりますね。  まずは、監督 井原さんの退任について。  もともと長期でチームを作り上げるつもりだった1年目に昇格を果たしたことで、十分な準備ができないままJ1残留…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018J2 最終節 対岐阜 0-0 △ 7位でシーズン終了

 勝てば6位以上が確定した最終節。  アウェイ岐阜に乗り込んでの一戦はドローに終わりました。  大宮が勝利したことで、アビスパは順位を逆転されて7位。プレーオフ進出を逃しました。  そして、井原監督の退任も決まったようです。  まずは、単身で福岡に赴任し、4年間で一度のJ1昇格、2度のプレーオフ進出という結果を残し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018J2第41節 対熊本戦 1-0 〇

 今期のリーグ戦ホーム最終ゲームでしたが、私は所要のため観戦できず、先ほどDAZNのダイジェストを見ました。  試合結果は1-0。前半9分の石津のゴールを守り切って、プレーオフ進出の6位圏内を確保しましたが、5位以下が確定してしまいました。  ダイジェストで見る限り、攻撃で良いシーンをいくつも作りながらゴールを奪えず、逆に決定的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018J2 第39節 対金沢戦 2-2 △

 残り全勝を目指して突入した終盤戦ですが、山形戦に引き分けた後今節も引き分け。  控えめに言っても不甲斐ない戦いが続いています。  この試合もリードしながら、金沢の素早いリスタートに対応できず前半を1-1で折り返すと、後半には逆に先手を取られてリードを奪われ、追いついたものの最低限必要と思われた勝点3を逃しました。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018J2 第38節 対山形戦 2-2 △

 優勝するには残り試合全勝が不可欠、と意気込んで臨んだアウェー山形戦ですが、非常に厳しい結果になりました。  これで自動昇格圏内2位の大分とは勝点差4。  可能性は残されていますし、諦める段階ではありません。  また、負け試合を後半ロスタイムに意地で追いついてのドローで、何とか踏みとどまったという見方もできるでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more